大手キャリアからDMMモバイルへ乗り換え

お金・節約
あなたは、スマホはどちらの通信会社と契約していますか?
 
私は1年11ヶ月前に、格安SIMのDMMモバイルに乗り換えました。
19年大手キャリアと契約をしスマホを使っていましたが、スマホを使い始めて2年がすぎた頃、月々支払っていた料金が1,639円高くなっていることの気がつきました。
 
その金額、8,930円。
 
頭の片隅に2年で「割引きサービス」が終了するものがあると分かっていたのですが、この金額になるとは思いませんでした。大手キャリアの料金体系が複雑すぎて、割引があっても何がどれだけ割り引かれているのか良く分からなかったのです。(^^;)
 
1,639円あったら、美味し物も食べられますし読みたいと思っている本も買えますよね。(^^)
 
キャリアから新たに発表される料金プランにいつも期待していたのですが、自分は該当にならなかったり、新料金プランのシミュレーションをしても思ったほど安くならなかったりで格安SIMへ乗り換えることにしました。
 
格安SIM業界最安値の『DMMモバイル』を見てみる

DMMmobile

大手キャリアからDMMモバイルに乗り換える

スマホ

スマホ

 

そもそも格安SIMとは?

 

格安SIMはどんなサービス?

 

 

大手キャリアは格安SIM会社に「通信設備」と「通信」を提供しています。

格安SIM会社は「設備」「店舗」「店舗で働く店員」などの費用が掛からないため、通信費を大手キャリアよりも安く契約者に提供することができるのです。

また、まとめて通信を購入することで料金を下げることが出来ているのです。

 

スーパーなどで、野菜などバラで買うよりもまとめて買って方が価格が安くなる時がありますよね。

単品購入するよりも、まとめ買いの方が安くつくので、その分が利用者に還元されているということですね!

はい、そのとおりです。

 

 

 

維持管理費がなかったり、まとめ買いで購入費を抑えることで、

安くできるのね!

 

 

通信品質は?

 

月額料金が安くても、通信品質は大丈夫なのかしら?

 

サービスエリアは、大手キャリアがカバーしている範囲ですので利用には問題がありません。

昼には少しデータ受信の速度は落ちるときもありますが、問題なく使えていますよ。

DMMモバイルの通信速度

高速データ通信の速度:下り最大500Mbps、上り最大50Mbps
低速データ通信の速度:最大200kbps
*最大通信速度はベストエフォートであり、実行速度を保証するものではありません。
DMMモバイルヘルプから引用

 

下の画像は、DMMモバイルに乗り換えてすぐの昼時に通信速度を計測した時のキャプチャです。

2.46Mbpsは出ていますので、通信速度としては通常使用をするには問題ないと思いますよ。

DMMモバイル昼の通信速度

DMMモバイル昼の通信速度

余談
以前自宅の固定通信回線をADSL8Mbpsで契約していたことがあります。
当時ADSLでの平均通信速度は3〜5Mbpsの速度でしたが、問題なく動画も見ることが出来ましたし、不十分だと感じたことはありませんでした。
 

DMMモバイルは料金が安い

格安SIM月額利用料が安い『DMMモバイル』をみてみる

DMMmobile

DMMモバイルの料金はいくらなのかしら?

DMMモバイルと他の格安SIM会社の料金を比較してみました。

 

格安SIMの料金比較(2019年1月)
音声通話SIMプラン

通信容量 DMMモバイル LINEモバイル mineo biglobe
3G 1,500円 1,690円 1,600円 1600円
6G 2,280円 2,150円
7G 2,560円 2,880円
*LINEモバイルは「コミュニケーションフリープラン」
*mineoは「ドコモプラン」
*biglobeは「セレクトプラン」(標準料金)
 
データ量3Gの比較で、DMMモバイルが他の格安SIM会社と比べて、料金がお安いのがわかります。
価格にこだわるのであれば、断然DMMモバイルですね!
 
 

料金体系がシンプル

 

料金がわかりやすい方がいいのだけれど…?

確かにそうですよね。

キャリアの料金体系は複雑すぎて、ガラケーからスマホに乗り換える時にショップの店員さんに繰り返し説明をしてもらわなければならなかったので、わかりやすいのがいいですよね。

 

その点、DMMモバイルの料金プランはシンプルに出来ていますよ。

下記の3つを選択するだけ利用料金が決まります。

コースは2種類
自分だけで使う「シングルコース」(SIMカードは1枚)
通信量を分け合う「シェアコース」(SIMカードは2〜3枚)
SIMカードの種類
インターネットのみの「データ通信SIM」
インターネットと通話の「通話対応SIM」
自分で使用する通信量
使用する通信量:ライト〜20G
シングルコース
SIMの種類 データ通信SIM 通話対応SIM
ライトプラン 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
8GB 1,980円 2,680円
20GB 3,980円 4,680円
G数は「1,2,3,5,7,8,10,15,20GB」から選べます。*シェアコースは別料金となります。*

使用する「コース」と「SIMカードの種類」を選択したら、ご自分の「通信量」を決めればOKです。

キャリアでは1ヶ月、どのくらい通信量を使っていましたか?

追加購入することもできますので、もしも足りなくなっても安心ですよ。

詳しい料金内容はこちらから

 

DMMmobile

もし低速通信になったら

高速データ通信を使い切ってしまっても、DMMモバイルにはバースト機能があります。

DMMモバイルのバースト機能とは
通信の読み込みを始める初めの段階で、一定量だけ高速通信をする機能ですので、テキストデータなどでしたらすぐに読み込みが完了します。

 

通信量が余っても

契約した通信量が余ってしまった場合翌月に繰越できますので通信量を無駄にすることがありません。ただし、2ヶ月後以降は繰り越しなできないのでその点は注意が必要です。

通信量を全て使いきれなければ、通信量の契約を見直して通信容量を少ないプランにすると無駄が出ませんよね。

 

DMMモバイルのアプリ

通信速度の切り替え

DMMモバイルでは、スマホに『DMM mobileアプリ』をダウンロードすると低速通信と高速通信の切り替えができます。

テキストなど軽めのデータをやりとりするのが多めの時は「低速通信」にして、動画や画像データの読み込みが多ければ「高速通信」にするなど、その時の状況に合わせてアプリを利用することで、消費される通信量を自分でコントロールすることができます。

月末、高速通信量が心もとなくなった時に、「低速通信」でTwitterなどを利用していましたが、「遅い」と感じたことはありませんでした。なかなか、快適に通信できましたよ。

 

通信速度の切り替えがアプリからできます

通信速度の切り替えがアプリからできます

メニュー画面

アプリ内にあるメニュー画面から「請求内容の確認」「追加チャージ」「通信内容を変更する」「契約内容変更」「チャージ履歴」これらのことが出来ますので、使いやすいですよ。

 

通話料は?

 

通信量が安いのはわかったけれど、通話料金の無料プランはないの?

通話オプションとしては、10分以内の国内通話が無制限でかけ放題になる「10分かけ放題」月額850円(税抜き)があります。

DMMトークアプリから通話することで適用されますので、スマホにアプリをダウンロードしてお使いください。10分を超えると、30秒あたり10円(税抜き)が加算されます。

10分以内の通話を頻繁にかける人にはオススメのオプションですね。

 

その他のオプションは以下の通りです

各種オプション オプションの説明
セキュリティ対策ソフト アンドロイド端末を守るセキュリィティソフト
10分かけ放題 10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題になる
SNSフリー SNSサービスの通信が高速データ通信を消費せずに利用できる
つながる端末保証

スマートフォンの修理・交換ができるサービス
(新規契約時のみの受付)

スマート留守電 留守番電話機能が利用できます
DMM Wi-Fi byコネクト 75,000カ所のWi-Fiアクセスポイントがつかえます
タブホオプション 人気雑誌の読み放題サービス(800誌以上、1000冊以上)

 

DMMモバイルに乗り換えるには?

DMMモバイルに乗り換えるには以下の手順で乗り換えることになります。

DMMモバイルにMNPで乗り換える
  • ステップ1
    契約している通信会社でMNP予約番号を取得する

    契約している通信会社にMNP予約番号を発行してもらいます。

  • ステップ2
    DMMモバイルに申し込みをする

    MNP予約番号には2週間の有効期限があります。
    DMMモバイルで、申し込みをする時には、MNP予約番号の有効期限が10日以上必要ですのでMNP予約番号を取得したら、早めに申し込みをしましょう。

    もしも、MNP予約番号の日数が10日未満になってしまったら、もう一度MNP予約番号を取得し直しましょう。

  • ステップ3
    自宅でMNPをする

    DMMモバイルに乗り換え申し込み完了後、1週間ほどでSIMカードが自宅に届きます。

 

ステップ1 MNP予約番号を取得する

大手キャリアで取得するには、「店頭」「電話」「web」と三つの方法で取得することが可能です。

MNP予約番号は営業時間内でなければ、取得できませんのでお急ぎの方はご注意くださいね。

MNP予約番号の大手キャリアの連絡先

キャリア名 携帯電話 一般電話
docomo 151 0120-800-000
au 0077-75470 0077-75470
SoftBank 0800-100-5533 0800-100-5533

 

ステップ2 DMMモバイルに申し込みをする

DMMモバイルで申し込みをする時に、

「コース:シングルかシェア」選び

「通信プラン:データ通信SIMか通話対応SIM」を選び

「使用量:ライトプラン〜20Gの中から」選ぶ

上記の料金プランを選択した後で、ご自分の利用端末に合ったSIMカードのサイズを選ぶ必要があります。SIMカードのサイズ検索は、DMMモバイルの申し込みページにあります。
 
下の画像の、「SIMカードサイズ検索」のダイアログの出し方は、
赤の四角で囲った「SIMカードサイズがわからない方はこちら」をクリックすると表示されます。

DMMモバイル申し込みページのSIMサイズ設定で、 「SIMカードサイズがわからない方はこちら」をクリックすると、 検索のダイアログが表示されます。

 
SIMカードを選ぶのを間違えても、SIMカードの交換ができますが手数料として以下の金額がかかりますのでご注意ください。
SIMカード発行手数料3,000円/枚(税抜き)
SIMカード準備料394円/枚(税抜き)
 

ステップ3

自宅に届いたSIMカードを、スマホに入れてMNPを開始します。

乗り換え前の通信会社から、DMMモバイルに電話番号を切り替えるための時間が、1時間ほどかかります。

そのため、切り替え作業をしているときは、スマホで通話できません。

MNPの交換時間帯に、知り合いなどから連絡がある場合は、事前にお知らせをしておいた方がいいと思います。

*wi-fiがあれば、インターネットに接続は可能でした。

 

まとめ

スマホの料金はどれくらい安くなったのか?

大手キャリアから転出して、DMMモバイルに乗り換えたら1ヶ月あたり5,257円お安くなりました。

1ヶ月5,000円は大きいですよね。

DMMモバイルに乗り換えることで1年で63,084円、2年で126,168円の出費を抑えることが出来ます。

 

126,168円あれば新型のiPhone一括購入できる金額ですよね。

 

確かにそうですね。分割で端末代を月々払って行くよりも、一括で支払った方が後の支払いがない分、気持ち的に楽になりますね。

 

乗り換え前の金額と乗り換え後の金額ならびにその差額

通信会社 大手キャリア(2G) DMMモバイル(2G)
月額使用料 7,289円 2,032円
差額

5,257円

 

大手キャリアから転出する際に、2年縛りの更新のタイミング以外は、違約金が約9,500円(税抜き)がかかります。

しかしDMMモバイルに乗り換えると2ヶ月で元は取れますので、一時的に違約金がかかったとしても早めに乗り換えるとお財布が喜びますよ。(^^)

少し面倒ですが、一回行えば毎月出て行くお金を抑えることが出来ます。

節約効果がありますのでぜひこの機会にあなたも、スマホの料金を見直して固定費を削減してみませんか?

 

格安SIM業界で最安値の『DMMモバイル』を見てみる

DMMmobile

コメント

タイトルとURLをコピーしました