冷え性を改善する2つの方法

ライフスタイル

中医学では「冷えは万病の元」と言われています。

体の冷えを改善することで、血流が改善され体の不調が起こりにくくなります。

冬場の寒い時期はもちろんのことですが、夏場のクーラーの冷気も気をつけたいところです。クーラーの冷気に長い時間晒されることで、体が冷え「頭痛」がしたり、筋肉が寒さのために縮まってしまい「痛みを」感じることも発生します。

冷えた体をそのままにしておくことは辛いことですし、早めにケアすることで体調不良を改善できます。

 

対策その一 『朝起きたら、白湯を飲む』

グラスで水を飲む女性

グラスで水を飲む女性

朝起き抜けに、何を飲まれているでしょうか?

冷たい水を飲む方もいるかもしれませんね。

ですが、寝て起きたときは1日のうちでも体温が低い状態にあるのです。

 

テルモ体温研究所さんのサイトより画像引用

テルモ体温研究所さんのサイトより画像引用

1日のスタートを体を温めることから始めると、体調も整い気分良く過ごすことができます。

体を温めるためには、温かいものを摂るのが効率が良い方法です。

そこで、おすすめなのが「白湯」(さゆ)なのです。

 

「白湯」が何故、朝イチの飲み物として最適なのか?

白湯の温度は50度くらいなので、飲みやすい温度であること。そして、体温よりも少し高めの温度ということで飲んだ時に体になじみやすいのです。

熱々のお湯を飲む時には、火傷をしない様にススルようにして飲まないといけませんよね。たくさん飲んでしまうと、お湯が食道を通る時に熱を感じることがあると思います。

寝起きで熱々のお湯を飲むのは内臓に刺激が強すぎるので、体を温める為とはいえ、ちょっと避けたいですよね。

穏やかに体を温めるという点では、「白湯」の温度はちょうど良い加減となっているのです。

たくさんの「白湯」を、一気に取るのではなく少しずつ何回かに分けて飲むほうが、じんわりと体があったまっていくのを感じることができると思います。

 

白湯の作り方

*用意するもの*
・水
・やかん
作り方*
1.やかんに水を入れ火にかける
2.沸騰したらやかんの蓋を取り15分位沸騰させ続ける
3.お湯をカップに注ぎ、50℃くらいまで冷ます
正しい作り方は、上記の方法ですが「ガス代」「白湯を作る時間」を考えると、15分は長いと思います。
朝の時間は、1分でも貴重ですから、体にいいからといっても、白湯の正しい作り方を毎日続けるのは厳しいと思います。
なので、沸騰してやかんの蓋を取ってしばらくしたら出来上がりでOKにしてしまっても大丈夫だと思います。
 
正しいことは大切にしたいですが、続けることを優先させたいので良しとしましょう!(^^)
 
 

白湯の飲み方

一気にグビグビ飲むのではなくて、少しずつ時間をかけながら飲むとすーっと体に馴染んでいきます。

水分補給に白湯を飲む習慣をつけ、1日の摂取は800mlくらいを目安に摂取されると良いでしょう。

 

対策その二 『足が冷えたら足湯』がオススメ

足の冷え気になりませんか?

冬場の寒い時、電車やバスを待っている時に足元から冷えがやって来ることがあります。

体の中で足は、心臓から一番遠い場所にあり、重力の関係で老廃物などが足にたまりやすい状態にあります。

血行が悪くなると、足のむくみがひどくなりどんどん悪い状態に傾いていってしまうのです。

体をめぐる血液はおよそ1分で体を一回りします。

足先で冷えた血液がなんども、体をめぐると体全体も冷えてしまいます。

健康を保つためには、「体を冷やさない」ことが大切なことですから、足先の冷えがきつくなる前に対策を取るのが賢明です。

入浴できればベストですが、お湯をためる時間やお風呂に入る時間を考えると少しムズカしいですよね。

そこで、ピンポイントで「足」を温めましょう。

「足湯」は手軽にできることと、準備もそんなに時間を取られないのでいい方法ですよ。

 

 

自宅で足湯をする方法

 

*用意するもの
・バケツ(くるぶし以上が隠れるくらいお湯を入れられるもの)
・41〜45℃くらいのお湯 ・足拭き用のタオル
*あるといいもの、なくてもOK:差し湯(ステレンレスボトルに入れていると扱いやすです。)
温かい飲み物など*
*足湯をする方法*
1.バケツに、お湯を張ります
2.椅子に腰掛けて、足を湯につけます
3.15分くらいつけたままにします
4.途中で、湯が冷めてきたら差し湯をします(お好みで)

*差し湯をするときは、ヤケドに十分注意してください。*

足湯をしている時に、温かいのみのを飲めば体も温まりますから、より一層効果的です。

血行が良くなることによって、足のむくみの改善されますし、老廃物も排出されて体がスッキリします。

 

 

まとめ

 

冷え性を改善する方法
朝起きぬけに飲む飲み物は「白湯」が良い
足の冷えが気になったら、「足湯」をすると良い

 

「白湯」「足湯」二つとも、自宅で簡単にできる方法です。

冷えが続いて辛い状態が長く続かないようにするには、こまめに「冷え」ている状態をリセットすることです。

体調を崩す前に対策をすることで、元気に過ごす事が出来るようになります。

些細な事ですが、続ける事で効果が実感できます、まずは実行してみませんか?

「冷え性を改善する2つの方法」のご紹介でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました