[ WordPress]ブログを始めるなら無料テーマcocoonがおすすめなワケ

ブログ運営

ブログで収益化を目指しているのであれば、WordPressで始めるのがおすすめです。

Word Pressでブログを始めようとする時には、自分でブログを置いておくサーバーや住所であるドメイン などを用意する必要があります。

WordPressで必要なものは、テーマですね。

有料のテーマは、デザインも素敵ですし心惹かれますがサーバーやドメイン代を支払いその上有料テーマは…と思ってしまう人もいるかもしれません。

無料のテーマを探しても、数が多すぎてどれがいいのかよく分からなくなってしまいますよね。

そこでオススメなのが

WordPress無料テーマのcocoonです!

 

欲しいドメイン残ってる?

 

10日間無料で試せるサーバーはこちらから

 

無料テーマcocoonをすすめるワケ

コクーンは日本語に対応しています

WordPressでブログを運営する時には、無料ブログと比べてブログを書き始める前に、いくつか事前作業をしなければなりません。

そこで、WordPressで使うテーマを外国製のテーマにしていた場合、英語が得意な人であれば問題ありませんが、英語が得意でない人はテーマの設定で苦労することになってしまいます。

ですので、テーマは日本語に対応しているものを使った方がブログを書き始めるための時間を短縮できます。

cocoonは日本語に対応していますので、安心してお使い頂けますよ。

 

無料なのに使える機能がたくさん

会話形式で表示する「吹き出し」

無料のテーマでこの機能を使えるのはいいね!

ほんと、すごいわね

この機能、無料テーマでついているんですよ!

ブログを開設してすぐに、あるブログでこの吹き出し機能を見かけのですが、使っているテーマが有料のものでした。無料のテーマでは、吹き出し機能はないだろうと思っていましたが、cocoonに搭載されていると知りました。

プラグインをインストールすることなく使えるのは便利ですし、デフォルトで入っているキャラクタ以外のオリジナルデータの登録もcocoon設定から簡単にできるのも良いですよ。

 

時系列での説明に便利な「タイムライン」

 

タイムラインの説明
  • ステップ1
    タイムラインはこうして使う

    cocoonに搭載されているタイムライン機能
    「ショートコード」から「タイムライン」を選ぶ
    「タイムライン」のコードの中に「タイムラインアイテム」を入れる

  • ステップ2
    タイムラインを作成する

    「タイムラインアイテム」のコードの中に文字を入力する

  • ステップ3
    作業を繰り返して作る

    必要に応じて「ステップ2」を繰り返す

この機能があると、「作業手順の大まかな説明」や「自分の経歴」「何かの事象」などを時系列で相手に説明できるので便利です。

 

ボックス機能も充実

こんにちは
こんにちは
こんにちは
こんにちは
こんにちは
ボックスは、色も選べますし上記サンプル以外にも十分すぎるくらい複数ありますよ。
また、見た目を変える「スキン」を有効にすると、選択したスキンに搭載されたボックスの表示になります。
 

インライン、マーカー機能

これはなに?
これは何?これは何?これは何?これは何?れは何?これは何?これは何?これは何?
 
マーカー類も充実していますので、目立たせたい部分もこれを引いて強調しましょう。
 

ランキング機能

下記のレンタルサーバーは、WordPress無料テーマcocoonの作者「わいひらさん」がオススメしているサーバーです。ちなみにこのブログはエックスサーバー で運営しています。

 

MixHost

初期費用無料
SSD採用高性能クラウド型レンタルサーバー
10日間無料でお試し
ドメイン数無制限

エックスサーバー

運用サイト数は160万件
大容量200GB
自動バックアップ機能を標準提供
10日間の無料お試し

カラフルボックス

月額480円から
過去14日分のバックアップ
初期費用無料
30日間無料

 
 
あらかじめ、表示したいランキングをcocoon設定から登録しておくと、上記の画像の「ランキング」から作成したランキングを表示できるようになります。
 
ランキングが登録されていないと、「ランキング」の項目は表示されません。
 
ランキングを登録するのは手間ですが、一度作ってしまえばランキングを表示させたいページにタグを貼り付けるだけで作業が完了しますので、ブログを運営していく上で時短になると思います。
 
 

商品リンクもタグで便利に使える

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。
送料無料でお届け
 
 
この、商品リンクの作成タグはcocoonにデフォルトで搭載されていて、上記の画像の「ショートコード」内から商品リンク用のタグを表示させ「amazon asin=”ASIN” kw=”キーワード”」「ASIN」に表示させたい商品のASINコードを入力し、「キーワード」に表示させたい商品名を入力します。
 
そうすると、自動的に商品の画像やリンク用のボタンが生成されるのです。
(あらかじめcocoon設定での登録作業が必要になります。)
 
ASINとは、世界最大級のECサイトであるAmazon.com策定した、商品識別用の10番号コードのことである。Amazon取り扱われる全商品のうち、書籍以外の商品すべてに与えられている。

ブログカードも簡単

大手キャリアからDMMモバイルへ乗り換え
あなたは、スマホはどちらの通信会社と契約していますか?   私は前に、格安SIMのDMMモバイルに乗り換えました。 ...

 

上記に表示されているブログカードも、表示させたいURLを貼り付けるだけで自動で表示してくれます。

 

SEO対策も

cocoonの作者である「わいひら」さん自身、「寝ログ」というブログを運営されていて収益化にも成功されています。(cocoonを作成される前は、Simplicityというテーマも作成されています。)

 

Cocoonでは、主に以下のような内部SEO施策を行っています。
ページ高速化機能搭載(テーマ機能だけでPageSpeed Insights90点後半が取れる)
モバイルファースト(モバイルフレンドリー)
ワンクリックでAMP対応
PCとモバイルでソースコードが100%同じ完全レスポンシブ
W3CのHTML5バリデーションのエラー0
W3CのCSSバリデーションのエラー0
基本的な構造化データタグの適用
構造化データエラー0
メタディスクリプション記入欄の設置
HTMLアウトラインの最適化

cocoon トップページより引用

何やら、素人にはよくわかりませんが、cocoonにはこのような施策が採られているようです。

cocoonの作者わいひらさんのブログはこちらから
寝ログ
寝ながら出来るコトや使えるモノを紹介

 

cocoonの操作などわからないことがあったら

cocoonを使っていてわからないことが出てくると思います。その時は、cocoonのページに「マニュアル」が置いてありますので参照してみてください。

それでもわからなければ、「フォーラム」がありますので覗いてみましょう。もしかしたら、自分が質問したいことがもうすでに解決されているかもしれませんので、「サイト内検索」をして前例がないかどうか確かめてみましょう。

初めての方のためにガイドラインがありますのでこちらに目を通しておくと、スムーズに質問できると思います。

 

WordPress無料テーマcocoon

必ずPHP7以上でご利用ください。

 

 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました